極限脱出シリーズ ZERO ESCAPE 刻のジレンマの楽しさと購入方法

今年6月30日発売予定、極限脱出シリーズ ZERO ESCAPE 刻のジレンマが発売予定となっております。

パソコンユーザーには馴染みないタイトルかもしれませんが、私はどちらもコンシューマーゲームでプレイ済みで、マイナーなゲームではありますが、楽しめておりましたので、発売発表は凄く嬉しいお知らせです。

しかも、今回はパソコン対応ということで、今まで携帯機だったので、パソコンの大画面でプレイできるのだとしたら更に嬉しいことだと思います。

極限脱出シリーズはどんなゲーム?

極限脱出シリーズは、1作目『9時間9人9の扉』は乗船していた船からの脱出劇、2作目『善人シボウデス』は荒廃した施設内を脱出するゲームとなっておりました。

ゲームではノナリーゲームというゲームに参加させられ、負ければ死亡という絶望的な舞台となっております、アドベンチャーゲームパートと、パズルゲームパートにわかれており、パズルゲームが好きな人でも楽しめる作品です。FPSやMMORPGのように重くないので激安BTOノートパソコンでも充分楽しめるのもおすすめポイントのひとつです。

ちょっとストーリー的にはグロテスクな表現も多く、例をあげるならば大人向けの『レイトン教授』といったところでしょうか、その世界観にハマることができれば、のめりこむこと間違い無しです。

前作をプレイしないとプレイできないのか?

前作、前前作とプレイしておりますが、続編としては、プレイしておくとニヤリとできる演出もあるので、プレイしておくと良いと思われます。

ゲームをプレイする、という上ではプレイしてなくても大丈夫だと思います、『9時間9人9の扉』はDSとiOSで、『善人シボウデス』は3DSとPSVitaで発売をしております。

ただ、登場人物のトレーラーを見る限りでは、過去作品からの登場人物も居るので、気になる方やっておいて損はないと思います。

対象年齢が17歳以上

パソコン版の購入方法は?

パソコン版はSteam販売ということを公式サイトで告知されております、まだ推奨スペックなどは公開されておりません。

3DSやPSVitaで購入するほうが間違いなく遊べるとは思いますが、携帯機でプレイするのは目が疲れるという自分のような人間はPC版の発売を待ちたいと思います。

価格は3DSやPSVitaは¥5,800+TAXとなっております、正直、最近のゲームの低価格化を考えると、何故か高く感じてしまいますが、こんなもんだと思います。

ゲームとしてのやりごたえと面白さは?

このシリーズ、周回プレイ推奨となっており、1回クリアするだけでは全てのストーリーを把握することはできず、goodエンドもすんなり見られるわけではありません、1作目も2作目も周回プレイありきのプレイが求められているので、同じ話を周回するのが面倒な人には辛いかもしれません。

しかし、周回プレイしても大丈夫なように一度見たストーリーや重複する部分はガンガンスキップできるような仕様になっているので、そこまでの苦痛は感じるものになっておりません。

とにかく緊張感のあるストーリーのアドベンチャーゲームと、難解なパズルを解くのがすきなひとにはたまらないゲームとなっているので、そういったものが好きな人におすすめしたいゲームです。